• 髪をとかしている老人
  • スーツを着ている男性
  • 髪をとかしている男性
公開履歴

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、多くの男性の悩みの種となっています。
進行性の症状で髪の毛が抜けやすく、細く薄い毛になるのが特徴で、頭頂部や前髪の生え際、またはその両方から徐々に薄毛が広がっていきます。

30~40代の男性に多く見られる症状ですが、最近では20代や10代後半でも症状が現れることがあり、今やどの年代でも発生しうる問題とされています。
男性型脱毛症の原因は一般的に遺伝や男性ホルモンとされていますが、遺伝については、両親または片親が禿げている場合は可能性があるとされるだけで、何が遺伝となっているのかは解明されていません。
男性ホルモンについては、薄毛が進行する患者の頭部を調べた結果、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが高濃度で見られることから、これが原因であると言われています。
実際に男性型脱毛症は頭頂部と前髪の生え際のみに症状が現れるもので、頭部でDHTが高濃度で発見されるのは同様に頭頂部と前頭部のみとなっています。
この悪性とされるDHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成され、頭皮の毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、毛乳頭細胞に異常を発生させてヘアサイクルを狂わせるようになります。

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期と3つのサイクルによって周回していますが、正常であれば髪の毛が太く長く伸びる成長期が6年前後、毛が新しく生まれ変わり古い毛が抜ける休止期が4ヶ月とされています。
ヘアサイクルが狂うと、成長期が1~2年程度で終了し、休止期が1年前後まで長くなります。
この結果、成長期で太く長い毛ができずに細く抜けやすい毛となり、新しい毛が生まれ変わる休止期が進まずに毛が生えてこなくなります。